花粉症の症状の緩和と改善法

花粉症は治らない? 花粉症対策改善法

n-3系・n-6系・n-9系脂肪酸|花粉症に有効な脂肪酸

読了までの目安時間:約 4分

 



【n-3系・n-6系・n-9系脂肪酸とは|花粉症に有効な脂肪酸】

 

三大栄養素のひとつである脂質は、脳の正常機能にも必要な栄養素であり、食事の消化、吸収、脂溶性ビタミンの運搬にも欠かせません。 さらに臓器や神経、骨などを守ったり、体温等を正常に整える役割があります。

 

しかし脂質は多すぎても少なすぎてもよくありません。大切なのは脂質の種類であり、体に良い脂質を選んで食べることが大切です。

 

そして脂質の重要な構成要素が「脂肪酸」であり、とりわけ不可欠なのが必須脂肪酸であるn-3系とn-6系の油摂取とそのバランスです。

 

さて、その大切な n-3系・n-6系、及びn-9系脂肪酸とは、どんなものでしょうか?

■n-3系・n-6系・n-9系脂肪酸とは

 

<n-3系脂肪酸>は、α-リノレン酸でアマニ油やシソ油などです。
中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やします。
魚の油に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が代表的です。
EPA(エイコサペンタエン酸):サバやいわしなど。
DHA(ドコサヘキサエン酸):まぐろやサバなど。

 

※DHAは、脳の神経組織に多く存在し、情報伝達を行う作用があるため、これが不足すると、記憶力の低下や発育不全などがもたらされます。
最近ではうつ病対策にも注目されている健康油です。

 

<n-6系脂肪酸>、リノール酸でベニバナ油・コーン油などです。
悪玉コレステロールを減らしますが、摂りすぎると善玉コレステロールまでも減少させてしまいます。
つまりは、過剰に摂取すると肥満や動脈硬化の進行させたり、逆にアレルギー症状が出やすくなると言われています。

 

かつて「コレステロールを減らし、動脈硬化を予防する」ためにリノール酸をとりましょう、というテレビCM?があったように記憶するのですが、上記の理由により今は言われなくなってきています。

 

他にアラキド酸(ARA)があり、特にレバーや卵に含まれています。

 

<n-9系脂肪酸>の代表的なものがオレイン酸で、オリーブオイルやサフラワー油に多く含まれています。
「悪玉コレステロールを減少させる」とともに、「善玉コレステロールは減少させない」という働きがあるのが特長です。
さらに、他の脂肪酸と比べて酸化されにくいので、有害な過酸化脂質をつくりにくいのも特長です。

※過酸化脂質:活性酸素によって酸化されたコレステロールや中性脂肪といった脂質の総称。

 

これら花粉症に有効と言われる3つの脂肪酸ですが、うまくバランスよく取るのはかなり難しく、n-3系を必要量取るにはかなりの努力を要します。

とかくn-6系が多い現代人が、それらを減らすことは難しいうえに、n-3系をn-6系の摂取量にあわせるのが困難だということです。

理想は、n-6系を減らし、n-3系を増やす。そして、それに合わせてn-9系を摂取するというものです。

 

→では、中々とれないn-3系を簡単に摂取するには、どうしたらいいのでしょうか?


 

医療以外の花粉症治療   コメント:0

この記事に関連する記事一覧