花粉症の症状の緩和と改善法

花粉症は治らない? 花粉症対策改善法

花粉症の正しい知識と初期症状治療

読了までの目安時間:約 4分

 



花粉症の症状の全くでない人と、毎年悩まされ続け、しかも症状の無い人には全く理解されずに悶々とする日々を過ごさなければならない人がいます。

 

何がこの決定的な違いをもたらしているのでしょうか?

 

[1]花粉症は、アレルギー反応のひとつです。
まず言える事は、反応の違いです。
外から入った物質(アレルゲン=アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)を排除する「生体防御反応」がうまく働くと症状は出ません。

 

ところが、このアレルゲンを排除できないと、いわゆる『アレルギー』になります。

つまり、花粉症の原因の一つとして環境や遺伝などが考えられます。
※一般的にスギ花粉症におけるアレルゲンはスギ花粉として認識されています。

 

[2]花粉症のメカニズムとは。
花粉症のメカニズムはアレルギーのメカニズムと同じです。

 

(1)花粉(アレルゲン)が目や鼻の中に入ってくると、ヘルパーT細胞(リンパ球)中のTh-1(白血球の一つ)が花粉を感知します。

 

(2)T細胞はその花粉の情報を「B細胞」に知らせて、「B細胞が形質細胞に変わって、IGEという抗体を産生」します。   (形質細胞は、B細胞と同じくIGE抗体というタンパク質を産生する細胞)

 

(3)IGE抗体は、肥満細胞の表面にくっつきます。 (肥満細胞は、白血球の仲間で化学物質を多く持っており、刺激を受けると放出されます)

ここまでの状態では、アレルギーは起きません。

 

(4)その状態になっているときに、2回目に花粉がやってくるとこの肥満細胞が刺激をうけてヒスタミンを放出します。

 

(5)ヒスタミンは、かゆみ物質とも呼ばれていますが、これが鼻や目の粘膜や血管に働いて、鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどの症状が出てきます。

そして、粘膜の浮腫が出てくると、鼻づまりになります。

 

鼻水が止まらない‥これじゃぁ、仕事がまったくはかどらない。

そこで、鼻水が止まるという薬を飲んだところ、異常に眠くなったりだるくなってきて、逆に仕事どころではなくなってしまったことがあります。
花粉症の辛さに加えて薬の影響からくる辛さが重なると話になりません。
そこで、両方の辛さを避けるために2週間前からの初期症状治療が役立ちます。

 

[3]初期症状治療
病院へ行くと、この症状を抑える為に一般的には、内服が処方されます。
抗アレルギー薬と抗ヒスタミン剤が主になります。

 

・抗アレルギー剤は、眠気を伴わないので非常に体に優しくリスクが少ない(眠くならない)のですが、作用が現れるのに2週間かかってしまいます。

 

※抗アレルギー薬が眠くならないのは、肥満細胞からヒスタミンが出るのをブロックする薬だからです。

 

※最初から効果を期待するなら、症状がでる2週間前から内服するとタイミングが合います。

 

 

・一方、抗ヒスタミン薬は、即、効果が出ますが、脳に作用するために「眠気や倦怠感などの副作用」が出る人が多いのです。

時に、副作用が重く出る人もいますので、日常生活の状況に応じて使い分ける必要があります。

 

※うまく薬の作用時間をコントロールするのも大事です。

 

 


 

花粉症の理解と予防策   コメント:0

この記事に関連する記事一覧