花粉症の症状の緩和と改善法

花粉症は治らない? 花粉症対策改善法

アレルギー反応の花粉症の実態

読了までの目安時間:約 4分

 



■アレルギー反応は、4つの型に分けることができます。

 

私達の体は外から侵入してくる抗原(あるいはアレルゲン)という異物に対して、免疫という抗体が抵抗しようとして反応します。

 

抗原に接した後の反応が現れるまでの時間や現れる部位、形状などには様々な現れ方があり、アレルギー反応は現在4つ{Ⅰ(イチ)型、Ⅱ(二)型、Ⅲ(サン)型、Ⅳ(ヨン)型}に分類されています。

 

●その中で花粉症は、「Ⅰ型アレルギー」と(「即時型」とも)呼ばれています。

 

[ⅠgE抗体が関与するアレルギー]

 

反応の起こり方については、「花粉症のメカニズム」で触れましたように、アレルゲンの侵入によって多量に作り出されたIgE抗体が、再びアレルゲンが侵入することで反応をおこし、肥満細胞が刺激をうけてヒスタミンを放出することで、かゆみなどの症状が出てきます。

 

例えて言うと、外からの侵入者(異物)に対する過剰な防衛反応によって、自らの生体をも傷つけてしまう状態ということができます。

 

IgEというのは、免疫の一種で、言わば異物に対する見張り番みたいなものです。

 

「即時型」というのは、抗原が作用してから15分~12時間くらいの短時間で反応が起こることを指しています。

 

この「Ⅰ型アレルギー」には、花粉症以外に下記のものがあります。

 

・アナフィラキシーショック(急性アレルギーショック)
・蕁麻疹(じんましん):腸の壁でおこる食物アレルギーなど。
・アトピー性皮膚炎:遺伝的要素が大です。
・喘息(気管支で起こる反応です)

 

などがこれに当たります。

 

「アナフィラキシーショック」は、Ⅰ型アレルギー反応によっておこる、もっとも激しい症状を示す状態です。特に全身的な症状が短時間の内に起こります。

 

「アトピー」とは、主にⅠ型のアレルギー反応によっておこる疾患を呼びます。IgEを体内でどんどん作ってしまう体質の人のことで、アレルギー体質とかアトピー素因といいます。言い換えると「遺伝的にアレルギー体質で、Ⅰ型(即時型)の反応をおこす病気」ということです。

 

どれも『きつい症状』のものばかりです。

 

「Ⅰ型アレルギー」は、どれも完治が難しそうで、しかもその症状を引き起こすものに当たれば、いつどこで症状が出るかわからないという不安で大変な病気です。

 

しかしながら‥そんな中でも『花粉症』は‥‥

 

●「完治が期待できる唯一のアレルギー」なのです。

 

もちろん、環境や原因に左右されますが、最初から諦めていては何もはじまりません。

 

●花粉症の原因を知り、対策を考えれば、完治できるものなのです。

 

■あなたの花粉症の原因は何でしょうか?

 

「花粉症」と一言で言っても、原因となる花粉の種類は様々です。
一番多いのは、スギ花粉・ヒノキ花粉ですが、最近では、ヨモギやブタクサやカモガヤなど原因には50種類以上もあります。

 

原因を特定し、症状を緩和させ、または完治するような対策を考えることにより早くその苦しみから脱出しましょう。

 

 


 

花粉症の理解と予防策   コメント:0

この記事に関連する記事一覧