花粉症の症状の緩和と改善法

花粉症は治らない? 花粉症対策改善法

局所ステロイド投与|花粉症と現代医療

読了までの目安時間:約 3分

 



【現代医療による花粉症治療】

 

■抗ヒスタミン薬投与以外の治療法

 

花粉症の内服治療薬のうち、主なものはアトピーの治療薬と同じで、「抗ヒスタミン薬」「抗アレルギー薬」という薬ですが、より症状の強い患者さんの場合、なかなかこれだけでは治まらないこともありえます。

 

そこで、より強い作用をもったものとしてステロイド薬があります。
但し、強力な効果を持つ反面、ステロイド剤には強い副作用があります。

 

<局所ステロイド投与>には、主にステロイドの点鼻薬が用いられます。

ステロイドですが局所に用いる分では副作用はほとんど認められていません。

これは、ステロイドがその粘膜上で作用するだけで、全身反応にならないという理由によるものです。

もちろん、副作用の危険が少ないといっても100%ないというわけではありませんので、医師の処方に従い使うようにすることが大切です。

 

<ステロイド注射>

 

「注射一本で花粉症シーズンを楽に過ごせる」との触れ込みで、一時期もてはやされましたが、ステロイドの注射は内服に比べて はるかにリスクが高く、全身的な副作用の危険から認められていません。

 

実際に行っている悪質な医療機関があるかもしれないので注意しましょう。

 

※ステロイド注射は全身にステロイドが回り、免疫反応そのものを抑制することで症状を緩和しようとするため、逆に体の正常な免疫機能までおかしくしてしまう危険性があるのです。

 

ステロイド内服薬にセレスタミンというのがあり、服用して数日で代謝により薬剤が体から出ていくので、花粉の飛散量に合わせて数日単位でステロイドの量をコントロールすることが出来ます。
ただし、これは症状の余程ひどい時で、しかも長期に使うものではありません。 当然副作用もありますので、あくまでお医者さんの管理の下で服用すべきものです。

 

ちなみに、「セレスタミン」とう薬は糖質コルチイドを含有するため、スポーツのドーピングで禁止されています。
スポーツ競技者の方は認識しておいたほうがいいですね。
治療上必要な場合は、あらかじめTUE申請をして承認を得ることが必要となります。


 

花粉症と現代医療   コメント:0

この記事に関連する記事一覧