目の不調 とPC環境│目を正しく休ませる

目の健康

新型コロナウイルスの影響で、在宅での仕事や授業など、スマホやパソコンの画面を見る機会が増え、目の疲れを感じていませんか。

目を正しく休ませることは全身の健康につながる

ものを見る、目を使うという事は、脳も働かせているということは言うまでもありません。

目が疲れてくると、より懸命に見ようとして、脳にもそれだけ負担がかかる(処理能力に)ことになります。

目の疲れは脳を疲れさせ、頭痛や肩こり、それに伴う思考力の低下など全身の不調に及ぶことも。

個人的にも、また世の中的にも、スマホやパソコンが欠かせない状況下にあって、この目の疲れは深刻です。

目の不調は仕事の生産性や生活の質(QOL)にも大きく関わってきます。

目を正しく休ませるコツ

①パソコン環境をを整える

画面を見る角度で 疲れ方が変わってきます。
 パソコンの上端が目と同じ高さか、15度下までにします。
 (椅子による高さの調整もありです)

輝度(画面の明るさ)やブルーライトを抑える設定にする。

睡眠の質改善のために、 就寝の30分ほどの前からはスマホやパソコンを見るのをやめる。

 

ブルーライトは紫外線の次に波長が短く強い光です。日焼けこそしませんが、角膜や水晶体を透過して、網膜まで到達しますので、長時間見ることで目に負担がかかってしまいます。ドライアイや、目のかすみ、焦点が合わないなどの症状が現れます。さらにひどくなると肩こり、頭痛などが訴える人もいます。

※ブルーライトも太陽から放出される光の一種で、網膜に届くことで体内時計を整える役割があります。

夜にブルーライトを浴びると目がさえ(※)、睡眠が浅くなって疲れが取れず、免疫力の低下の原因になることもあります。

 

眼鏡、コンタクト─見えすぎると不調に

眼鏡やコンタクトを買うとき、通常、良く見えるものを買うのが当たり前?と思われます。

実は”見え過ぎる”ことによる不調があるのです。

近視のメガネの多くは、遠くが見やすいように作られていていますが、そのために、より光の屈折力が強いレンズ(度数が強いレンズ)を使用する必要があります。

ところがその度数が強いレンズで近くを見ると、ピントを合わせるために、目の筋肉をより緊張させなければいけません。この負担の持続が、疲れや肩こり、ひどい場合は吐き気を引き起こす原因になります。

普段用と手元作業用の眼鏡を分ける

パソコンやスマートフォンをよく使うなら、今までのメガネに加えて、近距離のモニターを見続けることを配慮した、強すぎない度数で作ると負担が軽減します。

(眼鏡やコンタクトを購入の際、スマホやパソコンをようく使うならそのことを伝えて用途に合った眼鏡を選びましょう)

コンタクトは清潔に扱う

コンタクトを扱う際は、目に直接触れるので、必ず手を洗ってください(コロナ禍もあります)

コンタクトをしたまま寝るのは絶対にNG。
 ドライアイを進行させ、目に傷がつく恐れがあります。

 (寝てるとき目は潤っているは間違い──瞬きをしないため涙が分泌されず、朝は最も目が乾いた状態になっている)

②ドライアイの予防は感染リスクを下げる

涙の質が低下するとドライアイに。涙は目にとって皮膚のようなものです。ウイルスや細菌を洗い流してくれる機能があり、アレルギーが悪化するのを防いでくれています。

●自分のドライアイの程度は?「まばたき我慢チェック」

余談ですが、テレビの番組で芸能人の「まばたき我慢対決」なるものがありますが、優勝者は5分以上もまばたきを我慢。俳優としの”プロ根性”?かと言いたいけど、果たして根性で耐えられるもんなんでしょうか?

ドライアイの程度は、まばたきをどれくらい我慢できるかで見ます。

方法:鏡に向かって目を大きく見開きます。その状態で何秒我慢できるか数えます。

10秒未満…ドライアイが強い状態です。
30秒未満…ドライアイの疑いです。
30秒以上…合格です。

(参照  https://gentosha-go.com/articles/-/14107 本当は怖い「ドライアイ」の基礎知識と対処法【第1回】)

言うまでもないでしょうが、ドライアイの人は目が乾くために、目を開けているのがつらくなって、ついつい目をつぶりたくなってしまいます。

まばたきをしなくていいということは、目が簡単に乾かないという事です。上記の芸能人の方は、まばたきを耐えている間、その目が潤ってきているのがわかりました。

仕事や授業等で、空調の効いた、乾燥した部屋に長くいると(特に秋から冬の季節)、まぶたの血流が悪くなり、ドライアイが進みやすいので要注意。

室内が乾燥していると目が乾きやすいので、加湿器を使ったり、できればエアコンの使用を控えたいものです。

症状の軽いうちは、水で濡らして電子レンジで温めた蒸しタオルで目を覆うと瞼が温まり、ドライアイを和らげてくれます。

眼鏡の周りに覆いを付けて目の周りの湿度を上げ、目を温めて目の疲れを取ることも有効です。(ドライアイ専用眼鏡の使用)

タイトルとURLをコピーしました